食品添加物も一つ話題になると炎上します。

そして否定派も出てきたりもします。

なかには自然界に存在して必須栄養素だっ
たりも・・・

同じ化学式であっても自然だといい理由を
説明できますか?

 

いろんな有害物質が話題になると決まって

肯定派と否定派が現れます。

肯定派は理論武装

否定派は自然のものだから・・・

 

お決まりの殺し文句です。

互いの理論と妄想が論破されて終わりです。

そこに便乗して〇〇無添加なんて商売が流
行ります。

論より証拠で納得できるものがありません。

 

今回、ハリセンで突っ込みたくなりました。

一昔前ならスリッパでしたが・・・

今は何で突っ込んでるのか?

それはさておき。

 

突っ込みたいのは同じ化学式の物質の違い
です。

同じ物質でありながら自然由来と化学合成
があります。

化学式が同じならば結果は同じでしょう。

しかし、再現性100%ではありません。

 

いったいどこに違いがあるのでしょう?

90歳以上の高齢な方の実例で例えてみま
しょう。

早死にするされる酒、タバコ、肉を長年愛
されてました。

しかし世間で言う事が起こりません。

むしろ死ぬことが想像できないくらい元気
です。

当人の言い分は

やめるくらいなら死んだ方がましだ!
以上

逆に体に悪いと言ったり言われたりした人
は悲惨だったりします。

悪い物をやめても即、体を壊したり最悪の
場合死に至っている事もしばしばあります。

良くある話ですね。

 

ここで言えるのが、後者の方は悪物を徹底
的に悪者扱いする、ネガティブ単語が多い
事です。

そして悪物を徹底的に悪者扱いしてネガテ
ィブ単語を連呼してる人も早死にするケー
スも多いです。

 

なんでここまで違うのかって思った事はな
いでしょうか?

思い出してください。
以前にも書いた、良い言葉と悪い言葉でカ
ビの種類が異なるオカルトな話を明らかに
カビが人間の言葉を理解していると言う結
果です。

 

じつは物質も言葉を理解している節があり
ます。

万物言葉を理解していると言えるほどの。

 

ただ一般人に、それを理解して説明ができ
るのか?

答えはYESです。

簡単な動画さえあればちょこっと補足説明
だけです。

それで、『なるほどね』と言ってもらえま
す。


https://www.youtube.com/watch?v=wvJAgrUBF4w

補足説明
・音は波であり、その周波数によって描く幾何学模様が異なる。
・物質は結晶を作る特質があり、周波数がある。
・化学合成と自然の違いは与えられ周波数が異なる。
・周波数の違いにより結晶が異なる。
・与えられた周波数により物質は良くも悪くもなる。
・物質は、波の記憶媒体であり言葉を記憶している。

あとがき
長い前置きでありながら、原理はシンプル過ぎて
笑えます。

単純に自然な物がいい理由は、特有の優れた結晶
構造をしている。

以上

答えは地球を構成しているケイ素が水晶が結晶を
構成する時にどれだけ美しい結晶であるかないか
です。

身近なものも結晶を持ってます。
はたしてその結晶はどんな形をしているの
でしょう?

細胞や微生物はミクロな生き物です。

その結晶の形がどのような影響を及ぼして
いるのでしょう?

もちろん美しい結晶構造のものを取り入れ
たいですよね。

日ごろ使う言葉も、結晶構造を乱したりす
るので言葉にも気を付けたいものです。

 

この物質の記憶能力は半端じゃないので古
い水晶なんかは超古代のビジョンを記憶し
ていることでしょう!