細菌は忌み嫌われ、恐れられ、いいイメー
ジは持たれませんが細菌がいなければ人間
は生きていく事が出来ません。
 
 
なぜなら生命の根源だからです。
 
 
人間は敵対をしますが、細菌の恩恵で食と
言う恵みを得ています。
 
 
たとえば身近なもので言えば、味噌、醤油
、納豆、漬物、ヨーグルト、チーズなど。
 
 
広く見れば細菌が土壌を整え、その恩恵で
植物が育ち、その植物を草食動物や虫が食
べ、草食動物を肉食動物が食べて植物連鎖
が成り立ちます。
 
 
さらに虫は植物の繁栄を手助けしています。
 
 
これは細菌がなくなれば地球上全生命の絶
滅を意味します。
 
 
 
細菌がなければ地は荒れ果て、植物は枯れ
果て、動物は息絶え、食物連鎖は崩壊しま
す。
 
 
 
なんでいきなりこんな話題になったのか不
思議に感じるでしょう。
 
 
それは、かなり昔から細菌に関係する方々
との付き合いがあり、その方々は釈迦仏教
の経典の暗号についても解読されていまし
た。
 
 
その方々から細菌にまつわる事を、聞かさ
れ細菌に関係する事をやりなさいと言われ
ましたが、やる理由がなかったので手出し
をしませんでした。
 
 
 
ところがここ最近、ひょんなきっかけでや
らざるを得なくなりました。
 
 
本当に下らない理由です。
 
 
料理作るのが面倒くさくなった。
 
 
追い打ちをかけるようにチーズが無性に食
べたい。
 
 
けど牛乳チーズは食べたくない。
 
 
だったら豆腐チーズを作ってしまえ。
 
 
と言うのが事の始まりです。
 
 
 
すぐにアクションを起こし何の菌がいいか
調べ塩麹がハードルが低く塩麹と、にがり
を使った豆腐をで作る事にしました。
 
 
調味料を使う料理が面倒くさいと言うのも
あり、味付けは細菌に丸投げが狙いです。
 
 
ここからです。
 
 
細菌に目を向けたのが。
 
 
これ以前にも完全植物性のムクロジ石鹸が
熟成発酵しやすい状態で風呂場に置いてま
した。
 
 
しかし家族がそれに対して腐るだのカビる
だの汚いだのネガティブな言葉をかけた、
その日に鼻を刺す強烈な匂いになり黒カビ
が浮いてました。
 
 
熟成発酵して甘い不思議な香りがしばらく
楽しめるものでしたが・・・
 
 
何でだろうと疑問に思った事を思い出しま
した。
 
 
 
そこで細菌に関係される方々から学んでい
た事とリンクし、フックがかかり釈迦仏教
の暗号の意味が分かったのです。
 
 
昔よく老人やお寺の住職から聞かされた話
で死んで成仏しないと死体は固く黒くなり
成仏すれば死体は柔らかく白くなるという
言い伝えはカビにも当てはまるという事に。
 
 
カビは不思議な事にカビやすいものをネガ
ティブな人に渡すと黒カビが出やすく、ポ
ジティブな人に渡すと熟成発酵します。
 
 
それを知っている大富豪は、人は人を裁か
ず菌に人を裁かせています。
 
 
人のJadgeほどいい加減なものがない
からです。
 
 
菌は人より正確にJadgeできるので、
相手の人間性がネガティブであれば近くに
いるメリットがないのでカビを使って黒カ
ビが出たら付き合わないという大富豪もい
るくらいです。
 
 
 
そんなミクロな菌に目を向けてる内に、菌
の驚異的な力に気付かされます。
 
 
菌は人間からしてみれば菌ごときですが、
菌からしてみれば人間ごときです。
 
 
人間は地球を支配している錯覚をしていま
すが、実際、人間は菌に支配されています。
 
 
 
菌に支配されている人間についてパートを
分けて掲載していきます。
 
 
次回Part 2は「菌は意識を持つ生きとし生
ける生命体」です。