気になる気になる知ってるよ!
 
 
怒られそうですが、これは医者
にとって縁起の悪い木です。
 
 
それもそのはず、患者さんがい
なくなってしまう医者の大敵で
す。
 
 
旬の食べ物で医者にしてみれば
渋い顔をせざるを得ない柿の実
です。
 
 
医者の顔は渋柿ですが(笑)
 
 
日本では当たり前すぎて存在感
薄くなってますが、ビタミン豊
富な歴史あるスーパーフルーツ
です。
 
 
旬な時期なので冬に備えてビタ
ミン補給にはもってこいです。
 
 
 
とはいえ、熟するとすぐに腐敗
してしまうので昔の人は干し柿
を作って保存食にしてましたが
長生きしてる老人によってはな
るほどと言う保存をやっていま
す。
 
 
それは酵素にしてしまう方法で
す。
 
 
Google先生に柿酵素の作
り方で聞いてみるとたっぷりの
砂糖に付け込むと言った作り方
ばかりでやる気が失せてしまい
ます。
 
 
老人が先人から受け継いでいる
やり方は、砂糖みたいなものは
貴重でそんな使い方が出来ない
ので、壺に切った柿をいれて麹
を入れる。
 
 
以上です。
 
 
いたってシンプルでありながら
凄いものが出来てしまうもので
す。
 
 
老人が長生きな理由もわかりま
す。
 
 
 
人間がいかに手間暇かけて作ら
なくても、菌がおいしくしてく
れるので下手に人間が手を入れ
ない方がおいしいのかもしれま
せん。
 
 
ちなみに写真は知り合いの農家
の柿の木です。
 
 
有り余っているのでいっぱい取
っちゃいましたが、それでも有
り余ってるので自然の恵みは凄
いものです。
 
 
食べ切れない量をもらいました
が、酵素にしておけば冬は乗り
越えられそうです。
 
 
柿は基本甘いので、発酵させる
のには十分すぎるくらい糖質を
含んでいます。
 
 
くれぐれも砂糖を入れないよう
に!!
 
 
※発酵時にガスが発生するので
 保管容器を密閉すると爆発し
 ます。菌は生きているので酸
 欠にならないように酸素の穴
 はあけるようにしましょう。