12046830_1564513777102492_2174429093467504103_n

 
健康ブームでいいものがテレビなどで話題にな
ると、スーパーなどにどっと押し寄せて売り切
れなんてよくある話です。
 
 
大げさに健康を謳うせいか毎日食する人も少な
くありません。
 
 
そんな良いものも毎日食べない方が良かったり
します。
 
 
 
たしかに現代人は足らない栄養は多かったりし
ますが、一度補ってしまえば、しばらく間を開
けても大丈夫なものが多く取り過ぎるとバラン
スを崩してしまう何てよくある話です。
 
 
たとえ良いものがあったとしても一度、味と風
味と感覚を覚えるだけでよいのです。
 
 
一度、体が覚えてしまえば体が必要とする時に
食べたくなるのが自然なので必要もないのに我
慢して苦痛を感じながら食べ続けるというのは
どう考えても体によくありません。
 
 
 
ハッキリ言ってスーパー行けばありとあらゆる
食材の入手難易度が無いに等しいので優先順位
が分からなくなります。
 
 
スーパーとかない野性的な生活になった場合、
作物を取ったり狩りに出かけたりするのが当た
り前になります。
 
 
そうすると安定して入手出来るものとできない
ものが分かれます。
 
 
自然は不思議なもので、入手しやすいものに限
って毎日必要なものであり、頻繁には入手でき
ないものは毎日食べるべきものでなかったりと
バランスが取れています。
 
 
 
現代は例に挙げれば夏野菜も冬野菜も万年手に
入ると言った不自然な状態です。
 
 
そうすると何が必要で何が不要であるかが区別
がつかなくなって当然です。
 
 
また自分の体の訴えがあっても周りの人間の言
葉に惑わされて体が何を求めているかの優先順
位も乱れているとも言えます。
 
 
体が求めているものは人それぞれ違っているの
で、あまり周りの人に気を使わずマイペースに
食べたいと思ったものをチョイスすることも忘
れてはいけませんね。
 
 
キーワードは自分に素直になるとシンプルな事
です。
 
 
良い食べ物ばかり追うのではなく、考え方感覚
を養っていく事も重要と言えます。