12003247_1674303182803115_1475767936167757867_n
 
言うまでもなく当然です。
あれこれ選択肢が多すぎて当然の世の中からす
れば、飢餓の世の中に感じる事でしょう。
 
 
ある意味、いい物だけ厳選すれば9割以上は切
り捨てられるので選択肢は限られます。
 
 
よく考えてみてください。
 
 
実際切り捨てられて残ったものだけで生き残れ
るか?
 
 
答えは贅沢なくらい生き残れるだけ選択肢はあ
ります。
 
 
むしろいらない無駄なものが溢れかえっている
事がよくわかります。
 
 
 
しかし問題はこれだけではありません。
 
 
いい物を選べばその分高くついてしまいます。
 
 
これも当然です。
 
 
しかし安心してください。
 
 
よく考えてみてください。
 
 
9割以上の無駄を排除出来るという事に!
 
 
 
排除した分、いい物に回すだけの余力はできる
はずです。
 
 
 
むしろ従来の食習慣でかかっていた食費があれ
ばおつりが返ってきます。
 
 
見極めの目が養われれば、デタラメブランドよ
り安く、より良いものを入手することだってで
きます。
 
 
だいたい押さえて置くべきは調味料や油です。
 
 
個人的には味噌、塩、醤油、酢、みりん、亜麻
仁油、オリーブ油、バターがあれば十分だと思
います。
 
 
好みでウコンやカレー粉も買ったりしますが意
外とシンプルでもそれなりの工夫でいろんな事
が出来てしまいます。
 
 
 
あとはいい食材のチョイスだけなので限られた
食材で、どれだけ自分が理想とする味に近づけ
るかはあなたの腕次第を言いたいところですが
、食材が生きていれば食材の味だけでもおいし
くいただける事が多く、そんなに調味料はいら
ない事が多いです。
 
 
なので調味料は高くても、あまり使わないので
むしろデタラメな調味料で味をごまかしている
事の意味がよくわかり安上がりと言った結果に
なります。
 
 
 
あとは食材選びですが、その時期さまざまなの
で次の機会にして、あえて言うなら季節外れな
食材に手を出さないようにしましょう。
 
 
なぜなら不自然だからです。不自然な事をすれ
ば体が不自然になり不調が出たりする原因です

 
なるべく不自然を避けるようにしてください。
最近は何が旬なのか分からない人が多かったり
もしますがそんな人はGoogle先生に「今
が旬な食材」なんて聞いてみてください。
 
 
すぐに答えてくれます。
 
 
くれぐれも得体の知れない産地のものや、不自
然な育ち方をしたものは避けるようにしてくだ
さいね。
 
 
 
最初はハードルが高いかもしれません。
 
 
それは食べるものがなくなってしまう、食費が
かかると言った思い込みに過ぎません。
 
 
単なる思い込みで、実際は思い込みの世界とは
大きく違い、いい物を選ぶ癖がつくと食費を抑
えようと節約志向が強化され節約志向が食材の
味を活かす料理を生むと言った結果になります。
 
 
そんな習慣が身に付き体のコンディションが改
善されたなら外出中に、外食したり寄り道して
小腹を満たそうなんて気も起きなくなるので無
駄遣いが減ります。
 
 
 
ハッキリ言ってコンビニで何か買って食べたり
、ファミレスで食事したりする気も起きなくな
ります。
 
 
世の中には意味のない無駄なものが多くそれに
惑わされているという事に気が付くはずです。
 
 
お金の落としどころを知れば、逆に無駄遣いが
削減できるというのもいい物を選ぶ意外な利点
です。
 
 
まずは値段を比較し見て歩く事から始めてみる
べきでしょう。